社員インタビュー01 もっと自由に、 もっと効率良く働きたいなら、 あなたもアクサスへ転職を。

施工管理
(グループ長)
2014年入社
三橋 史明

力をつけて「理想の上司」と一緒に働けたら――。

前職の会社で私の上司となったのが、酒井さん(※アクサス社長)でした。それ以来、ずっとアクサスへの加入を誘って頂いていたのですが、その時は自分の実力に自信が持てず…。何年か経験を積んでから、「今の自分なら少しは力になれるかも?」と決意して転職。酒井さんは、面倒見が良く、一人ひとりの性格を見極めた接し方をしてくれる“理想の上司”でしたし、そんな上司が社長となった会社で働きたい、と考えるようになったのは、自然な流れでした。

仕事が増えても、ラクに働けるようになったワケ。

当社では現場代理人として、新築工事の施工管理に加え、リフォーム事業も担当。提案から工事管理まで一貫して取り組んでいます。正直に言うと、業務量自体は前職よりも増えたんです。なのに“キツさ”は感じないというか、むしろやわらいだ形。これはノルマに負われることがなく、日々のスケジュール管理に裁量を持たせてもらえることで、短時間で集中して働けるようになったことが大きいと思います。

自由にできることで、モチベーションが高まる。

もっと言えば、スケジュール管理だけではなく、業務全体の管理にも裁量を与えてもらえています。予算組みの段階から携われることで、やり方次第ではさらなる利益を創出することも可能。達成感も非常に大きいですし、会社が上昇気流に乗って成長していることも実感しやすいんです。もちろんこれらの「自由」には責任も伴いますし、相応のスキルが必要。ただ「稼ぎたい」とか「大きな仕事をしたい」という願いを叶える土壌があることは、日々のモチベーションに繋がっています。

成長に適した環境で、のびのび働いてくれたら――

そんな当社で働くのに大切なのが、協調性。一人でできる仕事ではないですし、お客様の求めるもの、現場の職人たちの気持ち、双方に寄り添えないと活躍は難しいでしょう。一方で…仮に経験がなかったとしても、他の先輩の現場が自由に見学できたり、資格取得へのバックアップがあったりと、成長するための“学びの機会”には事欠きません。「こんな事がしたい」などの要望を言える場も毎月用意されていますから、のびのびキャリアを歩めるはずです。

⽇のスケジュール

8:00

出社

朝一番で工事現場へと直行。進捗状況を確認したうえで、職人との打合せをおこないます。

10:00

事務作業

オフィスへ出勤して事務作業。見積書の作成や、工事図面のチェックをおこないます。

12:00

昼食

出勤していた同僚と一緒にランチ休憩を取ってから、別の現場へ向けて出発。

14:00

進捗報告

時間を合わせて訪れていた施主様へ進捗報告。今後の予定を確認していきます。

17:00

帰社

帰社後、残った事務作業をして業務完了。PCが支給されており、外出先でも対応は可能です。