社員インタビュー03 人も福利厚生も 全て揃った職場で働き、 技術を高めながら生涯設計を。

技術職
(グループ長)
2015年入社
塩治 晃生

やるべき事が一緒だからこそ感じた、前職との違い。

以前、勤めていた会社で組織編制があったことを機に、「環境を変えたい」と当社へ転職。ずっと職人として働いてきましたし、転職しても“やるべき事”に特段変化はありませんでした。ただ、前の職場はルールが厳しく、息苦しさを感じる場面も多かったんです。その点、当社はイイ意味でユルいというか(笑)…信用して現場を任せてもらっているという実感があります。確かなやりがいを感じながら仕事に取り組めているのが、前職との一番の違いですね。

程良い距離感で見守ってもらえていることを実感。

基本は単独での作業が多いのですが、施工管理はもちろん、時には社長自ら現場へ顔を出してくれます。絶えずベッタリということはないのですが、しっかり見守ってもらっているなという安心感がありますし、仕事以外のことも何かと話しやすい状況を作ってもらっている気がします。欲を言えば、なじみの協力会社の皆さんに加えて、自社の職人がもっと増えたら嬉しいな…というぐらいですかね(笑)。若い方が入ってきたら、惜しまずノウハウを伝授してあげたいです。

作業に欠かせないアイテムは、常に揃った状態で――

そんな当社で働いていて「いいな」と感じることの一つが福利厚生面。特に作業着は、シーズンごとに新しいものを用意してもらえて、定期的にデザインも変更されます。「アクサスさんの作業着って、オシャレですよね」なんて現場での評判もいいんですよ。また、ヘルメットを新調したいとか、マスクがあると助かる、腰掛けバッグが欲しい…といった要望を出すと、ほぼ通ります。ちょっとしたことでも、迅速に対応してもらえると凄く助かりますね。

生活力も磨きつつ、長い人生を見越した取り組みも。

職人として技術を身につけると、それこそ自分の家の水漏れなんかはサッと直せますし、エアコンの調子が悪い時も、自分でチェックして大抵のケアができます。日常生活をたくましく過ごすスキルを養えるこの仕事が大好きなのですが…やっぱり体力の低下は避けられません。社長にも「いずれ管理側にシフトしてもいいよ」と言ってもらっていますが、そのためにも今から、書類作成をはじめとした内勤のスキルを磨いていきたいですね。

⽇のスケジュール

8:00

出社

工事現場での作業スタート。新築工事、リフォーム工事の割合はおよそ半々。

11:00

現場訪問

現場に訪れた施工管理に作業の進捗度合いを伝え、今後の見込みも併せて報告。

12:00

昼食

お昼休憩。暑い日などは特に意識して“休みの時間”を取るように気をつけます。

16:00

状況報告

その日の作業がだいたい終わったら、オフィスに一日の業務内容や相談事を伝達。

17:00

退勤

現場を出る前にはキチンと片づけを徹底。「入った時よりキレイに」が基本姿勢です。